読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シングル】カイリュージバコ

【シングル】PT考察

おひさしぶりです
今回は生存報告も兼ねてシーズン9使用PTを更新

以下PT詳細
f:id:marumaru6118:20150525144426p:plain
 シーズン9で使うPTを決めるうえで、化身ボルト・クレッフィ・ゲンガーの3体を使わないことをまず決めました。理由としては、これまで電磁波・威張る・催眠などの運ゲーに頼る場面が多く安定しなかったからです。
 ここから使うポケモンを決めていきましたが、まず使いたかった鉢巻カイリューと相性のいい眼鏡ジバコから組み始めました。この2体で重い地面を起点にできるジャロ、広い範囲と打ち合えるブシンとメガカメックス、ラストは削り役としてガブリアスの順番で組みました。


カイリュー@鉢巻
 意地っ張りAS 逆鱗・神速・地震・馬鹿力
構築のスタート地点。技構成、努力値配分はテンプレ
馬鹿力はほとんど打たなかったので割と何でもいいが、このPTではナットハッサムが重いので炎Pがよかったか
如何にこいつの逆鱗と神速の一貫性を作るかがポイント

ジバコイル@眼鏡
 控え目HC 10万・ボルチェン・ラスカノ・めざ炎
カイリューと相性の良い特殊エース
アナライズボルチェンしてるだけで強い

ジャローダ@襷
 臆病CS リフスト・龍波・めざ岩・蛇睨み
上の2体で重い地面を見る枠として投入 
ボックスに個体がこいつしかいなかったのでこの技構成だが、HSゴツメで採用してもいいかもしれない
ただこの3ウエポンが役に立つ場面も多くあるので悩みどころ

ローブシン@チョッキ
 意地っ張りHAD ドレパン・マッパ・叩き落とす・エッジ
関西シングルフェスタで使用したのと同じ個体
ゲンガーやゲッコウガなどこのPTの重い相手と打ち合える

カメックス@メガ石
控え目HBC 水波・冷B・悪波・波動弾
使ってみたかったので採用した
努力値は陽気ガブの逆鱗確3のこりC
アクジェがほしい場面がそれなりにあったので波動弾を切って採用してもいいかもしれない
ある程度の耐久、広い技範囲で多くの相手に打ち合えるので非常に選出しやすくポテンシャルの高さを感じた

ガブリアス@ゴツメ
陽気HBDS 地震・岩封・ステロ・毒毒
相手のガルーラが重いので、物理全般に対する削り役として採用
選出機会はほとんどなかった



PT単位で重いのが格闘タイプ全般、アロー、ゲッコウガキノガッサ、メガガル・マンダあたり
基本的に対面意識のPTなのでこいつらに出し負けるとそのまま試合が決まってしまうことが多くあった
このPTで変えるのであればカメックスガブリアスの枠でしょう


この二か月更新がなかったのは単純にポケモンをしてなかったからです。シーズン1から多くはないですが毎シーズンそれなりの数は潜ってきましたが、環境の変化がほとんど無くてぶっちゃけポケモンに飽きてしまったのが大きな原因です。特に最近は低レート帯でも威張るや催眠が横行しており(シーズン10の環境はわかりませんが)レートに潜ってもイライラするだけなんですよね。
昔ボルトクレッフィゲンガーを使っていた人間が言うのもアレですが、威張るや催眠は確かに強いですけど所詮運ゲーです。このギミックを入れて勝つのは、本当にPTを組むのが上手いか、プレイングが上手か、神に愛されているかのいずれかの人だけです。自分を含めた低レート帯の人間はそのあたりを理解してないのでリスクを一切考慮しない威張るや催眠で運ゲーを仕掛けます。それにあたった相手は正直楽しくないですよね。読みの要素を一切排除してしまった運ゲーなのですから。そういうことにうんざりした人がポケモンに嫌気がさしレート人口が衰退してしまっているのではないでしょうか。
これから、自分もそうですがレートから人が離れ過疎化していくのは避けられないと思います。その中でモチベをを保つのは難しいとは思いますが、自分の好きなポケモンを使ってレートを楽しむということができればと思います。
次の更新がいつになるかはわかりませんがまたお付き合いいただければと思います。


長文駄文失礼しました


おわり