【シングル】コケコ始動展開構築

どうもお久しぶりです。まるです。

約2年ぶり?の更新になります。

 

大学4回生の春に就活と卒論のために一度ポケモンから離れましたが、SMシーズン2からレートに復帰しました。

今回は生存報告とリハビリのために簡単ですが更新。

 

使用したPTは以下の通りです。

f:id:marumaru6118:20170216225608p:plain

壁コケコから展開して裏で展開して勝つことをコンセプトに組みましたがコケコはあまり選出してません()

 

簡易個体紹介

・カプ・コケコ@電気Z 陽気AS(実際に使っていたのは無邪気AS)

 ワイルドボルト・挑発・リフレクター・光の壁

キノガッサ@襷 陽気AS

 マッハパンチ・岩石封じ・種マシンガン・キノコの胞子

ボーマンダ@メガ石 陽気AS

 捨て身タックル・地震・龍の舞・羽休め

メガガルーラ@メガ石 陽気AS

 捨て身タックル・グロウパンチ地震・岩雪崩

バシャーモ@命の珠 陽気AS

 フレアドライブ・飛び膝蹴り・剣の舞・守る

パルシェン@ラムの実 意地っ張りHAS(配分忘れ)

 氷柱針・氷の礫・ロックブラスト・殻を破る

 

雑感

・地面無効枠多すぎてコケコ出せない。ただし電気の通りがいいときは1体落とした後に壁張って退場できるので相手を選べばかなり仕事はできると思う。

キノガッサ強い。6世代に比べて催眠に対する警戒が薄くなったように思う。通りがいいPTが多かったので初手は7割くらいこいつ。

・陽気マンダは微妙に火力足りない。意地っ張りにするか慎重HDで2舞したほうが多分強い。羽休めは使わなかったので炎の牙とか空元気のほうがいい。

・ガルーラはつよい。

バシャーモは陽気だと火力が足りないので意地っ張りのほうがよさげ。

パルシェンは破った後もスカーフテテフ抜けなくて絶望した。実数値見たら多分最速135族抜きだった気がする。準速スカガブ抜きまでは最低でも振ったほうがいい。

・スカーフテテフ、高耐久水ポケモン、速い格闘、カグヤ、パルシェンあたりは処理がかなり辛い。

 

以上のようにかなりガバガバなPTでした。

このPTを叩き台に、しばらく改良を続けていこうと思ってます。

 

今回1年半ぶりくらいにレートに潜りましたがやっぱりポケモンは楽しいって再実感しました。今シーズンはレートにそれほどこだわらずにリハビリに専念しようかなって感じですね。

 

本業のプロデューサー業と副業の仕事でそれなりに忙しいですが、ポケモンもブログもぼちぼちやっていこうと思うのでよろしくお願いします。

 

何かあれば@までお願いします。

 

 

【シングル】カイリュージバコ

おひさしぶりです
今回は生存報告も兼ねてシーズン9使用PTを更新

以下PT詳細
f:id:marumaru6118:20150525144426p:plain
 シーズン9で使うPTを決めるうえで、化身ボルト・クレッフィ・ゲンガーの3体を使わないことをまず決めました。理由としては、これまで電磁波・威張る・催眠などの運ゲーに頼る場面が多く安定しなかったからです。
 ここから使うポケモンを決めていきましたが、まず使いたかった鉢巻カイリューと相性のいい眼鏡ジバコから組み始めました。この2体で重い地面を起点にできるジャロ、広い範囲と打ち合えるブシンとメガカメックス、ラストは削り役としてガブリアスの順番で組みました。


カイリュー@鉢巻
 意地っ張りAS 逆鱗・神速・地震・馬鹿力
構築のスタート地点。技構成、努力値配分はテンプレ
馬鹿力はほとんど打たなかったので割と何でもいいが、このPTではナットハッサムが重いので炎Pがよかったか
如何にこいつの逆鱗と神速の一貫性を作るかがポイント

ジバコイル@眼鏡
 控え目HC 10万・ボルチェン・ラスカノ・めざ炎
カイリューと相性の良い特殊エース
アナライズボルチェンしてるだけで強い

ジャローダ@襷
 臆病CS リフスト・龍波・めざ岩・蛇睨み
上の2体で重い地面を見る枠として投入 
ボックスに個体がこいつしかいなかったのでこの技構成だが、HSゴツメで採用してもいいかもしれない
ただこの3ウエポンが役に立つ場面も多くあるので悩みどころ

ローブシン@チョッキ
 意地っ張りHAD ドレパン・マッパ・叩き落とす・エッジ
関西シングルフェスタで使用したのと同じ個体
ゲンガーやゲッコウガなどこのPTの重い相手と打ち合える

カメックス@メガ石
控え目HBC 水波・冷B・悪波・波動弾
使ってみたかったので採用した
努力値は陽気ガブの逆鱗確3のこりC
アクジェがほしい場面がそれなりにあったので波動弾を切って採用してもいいかもしれない
ある程度の耐久、広い技範囲で多くの相手に打ち合えるので非常に選出しやすくポテンシャルの高さを感じた

ガブリアス@ゴツメ
陽気HBDS 地震・岩封・ステロ・毒毒
相手のガルーラが重いので、物理全般に対する削り役として採用
選出機会はほとんどなかった



PT単位で重いのが格闘タイプ全般、アロー、ゲッコウガキノガッサ、メガガル・マンダあたり
基本的に対面意識のPTなのでこいつらに出し負けるとそのまま試合が決まってしまうことが多くあった
このPTで変えるのであればカメックスガブリアスの枠でしょう


この二か月更新がなかったのは単純にポケモンをしてなかったからです。シーズン1から多くはないですが毎シーズンそれなりの数は潜ってきましたが、環境の変化がほとんど無くてぶっちゃけポケモンに飽きてしまったのが大きな原因です。特に最近は低レート帯でも威張るや催眠が横行しており(シーズン10の環境はわかりませんが)レートに潜ってもイライラするだけなんですよね。
昔ボルトクレッフィゲンガーを使っていた人間が言うのもアレですが、威張るや催眠は確かに強いですけど所詮運ゲーです。このギミックを入れて勝つのは、本当にPTを組むのが上手いか、プレイングが上手か、神に愛されているかのいずれかの人だけです。自分を含めた低レート帯の人間はそのあたりを理解してないのでリスクを一切考慮しない威張るや催眠で運ゲーを仕掛けます。それにあたった相手は正直楽しくないですよね。読みの要素を一切排除してしまった運ゲーなのですから。そういうことにうんざりした人がポケモンに嫌気がさしレート人口が衰退してしまっているのではないでしょうか。
これから、自分もそうですがレートから人が離れ過疎化していくのは避けられないと思います。その中でモチベをを保つのは難しいとは思いますが、自分の好きなポケモンを使ってレートを楽しむということができればと思います。
次の更新がいつになるかはわかりませんがまたお付き合いいただければと思います。


長文駄文失礼しました


おわり

関西シ/ン/グ/ルFESTA 対戦ログ

関西シングルFESTAの対戦ログです

自身の立ち回りの反省の為メモとして残しておきます

 

使用PTは前回記事(

【シングル】クレッフィゲンガーマンダ - 威張るボルトはつよい

)参照、相手、こちらともに左端が初手です

 

1戦目 ×

相手 シザリガー サンダー ガブリアスニンフィア ハッサム バシャ-モ)

こちら ボーマンダ スイクン クレッフィ

 マンダが刺さっているので確定、ガブハッサムバシャに強く出れるスイクンまで決め、ラストは時間がなく適当にクレフ

 マンダシザリガー対面で捨て身を打つとサンダー受けられる。そこからクレフにバックしてサンダーを削るも最終的にサンダーを削りきれなくて負け

 選出が明らかに適当すぎた。今振り返るとクレッフィ全く刺さっていないのでこの枠は通りの悪くなかったブシンかニンフィアサンダーを意識したラッキーにすべきだった

 

2戦目 ×

相手 ゲンガー ソーナンス ファイアローバンギラス ドリュウズ ポリゴン2

こちら ゲンガー ローブシン スイクン

 ファイアロー以外に刺さるブシンを確定、ブシンを身に出てくるであろうアローの為にスイクン、ゲンガナンスをブシン以外で見るためにゲンガー

 初手ゲンガー対面でこちらはブシンに下げる、相手は守る。その後相手は滅び、ブシンは叩き落とす連打でゲンガーとナンスを削って退場。ナンスをゲンガーの鬼火で落とした後ゲンガー対面でこちらスイクンに交代、相手は道連れ。ゲンガースイクン11交換の後お互いHP満タンのゲンガーアロー対面。意地鉢ブレバはこちら有利な乱数で耐えるが急所に当てられて負け

 ゲンガースイクン対面でスイクンを切ったのが悪手。あそこは相手の裏のメンツを考慮してもゲンガーを切るべきだった

 

3戦目 ○

相手 マンムー 霊獣ボルトロス ゲンガー(サザンドラ ギャラドス ファイアロー

こちら ローブシン スイクン クレッフィ

 アロー以外に刺さるローブシン、アローのケアにスイクンまで決定。ラストは適当にクレッフィ

 初手マンムーブシン対面でマンムー居座りはないだろうと思って叩きを選択するとゲンガーが出てきてそのまま落とす。霊獣ボルトが出てくるが10万を余裕で耐え返しのエッジで襷まで削りマッパで処理。マンムーはマッパで捨ててスイクンで熱湯を打って勝ち。

 ブシンぶっ刺さりの一言に尽きる。結局出すことはなかったが適当にクレッフィを選ぶのは何とかしなければいけないと思う

 

4戦目 ○

相手 スイクン マンムー リザードン(ゲンガー クレッフィ ガブリアス

こちら ローブシン ボーマンダ クレッフィ

 相手の誰にも対面で弱くないブシンから入る。裏は刺さっているマンダとスイクンを誤魔化すためにクレッフィスイクンはリザXが、ラッキーはゲンガーを見て出し辛く感じた

 初手ブシンスイクン対面でとりあえず叩きを打つと相手はリフレクター、ゴツメを叩く。壁の時間稼ぎとスイクンの削りを考えクレフに交代。電磁波威張るでスイクンを削りにいくも自覚を見せつけられほぼ何もできずクレッフィが落ちる。その後ブシンでスイクンを落とし裏からリザが出てくる。ブシンを捨てるために居座ると相手はXにメガシンカで逆鱗で落とされる。こちらはマンダを出して流星群でリザを処理、相手のラス1はマンムーで負けかと思ったが襷ではなかったので捨て身で勝ち

 クレフの枠はラッキーが正解だったか。リザに対して先制流星を打てる最速両刀マンダの強さが出た試合だった

 

5戦目 ×

相手 Wロトム  ファイアローマンムー ゲンガー ガルーラ クレッフィ

こちら ローブシン スイクン クレッフィ

 アロー以外と戦えるブシンとアローマンムーガルーラを意識してスイクン、ラストは広い範囲を威張るで誤魔化す為にクレッフィ

 初手ミトムブシン対面で叩きを選択し相手はボルチェンでアローが出てきて珠を落とす。この時のダメージからミトムの持ち物は眼鏡と判明。スイクンに交換するとミトムに交換を合わされる。その後ミトムの眼鏡ボルチェンでサイクルを崩されクレッフィで威張って何とかしようとするも最終的にどうしようもなくなり負け

 終始相手のペースで試合を運ばれ完敗だった。ここで自分のPTがWロトムに薄いことに気付く

 

6戦目 ×

相手 ヤドラン  バンギラス  ラッキー(グライオン ゲンガー ブリガロン

こちら  ローブシン ボーマンダ  ゲンガー

 ヤドラングライ以外に弱くないローブシン、広い範囲を崩せるボーマンダまで決める。ここまでで相手のヤドランがどうしようもないのでゲンガー。メガシンカさせるのはボーマンダの予定だった

 ヤドランブシン対面で叩きを打つと相手はメガシンカ熱湯。ヤドラン処理の為にゲンガーを投げ熱湯を食らうも火傷せず。ここで居座りはないだろうと鬼火を選択、さらになぜかゲンガーをメガシンカさせてしまうミス。バンギに鬼火を当てるもラムで回復され、次のターン気合玉を当てるも耐えられゲンガーを処理される。ここで相手のヤドランを処理する方法が無くなり負け

 ゲンガーを間違えてメガシンカさせてしまったのが全て。ここをミスしなければもう少し戦えたはず

 

7戦目 ×

相手 キノガッサ ゲンガー 霊獣ランドロス(化身ボルトロス スイクン クレッフィ

こちら ローブシン ゲンガー ラッキー

 相手と全体的に打ち合えるローブシン、ボルトスイクンクレフを意識してラッキー、消去法でゲンガー

 初手ガッサブシン対面で襷を削るためにマッパ、相手は胞子。タネガンに対してゲンガーを受けだし、鬼火を打つも居座られて岩封食らう。ブシンに戻して胞子をすかすと相手はゲンガーを出して身代わりを残す。その後催眠術を当てられるもブシンが自覚を見せ最速を繰り返し最終的にゲンガーを処理。ランドの地震でブシン落とされてラッキーを出すと地割れを一発で当てられどうしようもなくなり負け

 選出が全く噛み合わなかった。ゲンガーよりもマンダが欲しかったか

 

8戦目 ×

相手 ラティアス クチート スイクンカイリュー ガブリアス ガルーラ

こちら ゲンガー スイクン クレッフィ

 相手の初手ガルーラクチートに鬼火を打てるゲンガー、相手のアタッカーを削れるスイクン、ここまでで重いアススイクンを威張るで誤魔化すクレッフィ

 ゲンガーに麻痺を入れられるのを嫌ってクレッフィに下げると相手は電磁波。様子見に身代わりを張ると相手はクチート交代。イカサマで適当に削ってスイクンに交代して火傷とスリップで削ることを狙う。相手はクチートからスイクンに交代し、その後瞑想を積まれてどうしようもなくなり負け

 PTでスイクンの明確な処理ルートがないという欠陥がもろに出た試合だった。またクチートも重いなど完全にPT負け

 

9戦目 ×

相手 ギルガルド ゴルダック サーナイト(霊獣ランドロス 霊獣ボルトロス ポリゴン2

こちら ローブシン ラッキー クレッフィ

  サナ以外に対面で弱くないブシン、サナポリ2ボルトを意識してラッキー、サナガルドを意識してクレッフィ

 初手のガルドをブシンで倒すと裏からゴルダックが出てくる。シンプルビームとローキックを受けながらブシンで処理するとサナが出てきて単純をトレースされる。そこから影分身と瞑想を積まれ攻撃を当てることができずに負け。

 相手がサナを出すまでPTのギミックに気付かず対処が遅れたのが敗因

 

10戦目 ○

相手 スイクン 霊獣ボルトロス バシャーモボーマンダ ゴチルゼル ギルガルド

こちら ボーマンダ スイクン ローブシン

 ボーマンダ以外に打ち勝てそうなブシン、マンダバシャーモギルガルドの為にスイクン、相手を削っておけば全抜きできそうなボーマンダ

 マンダからブシンに交代し凍える風を受ける。1ターン打ち合った後相手は霊獣ボルトに交代、10万を耐えエッジで処理する。裏からバシャが出てきてこちらはスイクンにバック。バシャを処理した後スイクンブシンでマンダの圏内まで削ってラストは捨て身で勝ち

 まわりで削ってマンダを一貫させるというコンセプト通りの立ち回りができていい試合だったと思う

 

ここからBV無いので記憶があやふや

11試合目 ○

相手 ジバコイル スイクン ボーマンダバンギラス ドリュウズ キノガッサ

こちら ローブシン ボーマンダ クレッフィ

 全体に刺さっているローブシン、少し削れば全抜きできそうなマンダ、マンダとガッサに麻痺を撒けスイクンを誤魔化すクレッフィ

 ジバコからボルチェンでマンダに繋がれる。麻痺を入れるためクレッフィに交代するもジバコにすかされる。クレッフィで威張ってジバコを削って退場、その後ブシンでスイクンを削り、マンダで全抜きして勝ち

 割と理想通りの立ち回りができた試合だった。適当に選出したときのクレッフィは弱い(確信)

 

12戦目 ○

相手 ガルーラ 化身ボルトロス クレセリアギルガルド ゲンガー ゲッコウガ

こちら ローブシン クレッフィ ゲンガー

 初手にどれが来ても問題ないローブシンガルーラからの引き先になるゲンガー、ボルトガルーラ以外に有利に立ち回れるクレッフィ

 BV取り忘れてログも雑にしかとっていなかったのでほとんど覚えてないです

 ブシンでボルトを処理してクレッフィガルーラとクレセを削り、最後はガルーラをゲンガーで落として勝ち

 この試合はクレッフィが活躍したことは覚えてます。意図をもって選出したクレッフィは強い(確信)

 

 

選出回数

ゲンガー  5/12

クレッフィ 8/12

ボーマンダ 5/12

スイクン  6/12

ラッキー  2/12

ローブシン 10/12

 

選出回数トップはブシン。実際刺さっているPTは多く非常によく活躍してくれた

メガ枠は同じ選出回数だが、ボーマンダがかなり活躍した印象

ラッキー以外は偏りなく選出できたのでよかったように思います

 

終わり